すべてのアイテムの世界中への送料無料

スターリングシルバーハンドメイドリング

ジュエリー作りは、複雑で骨の折れる、しかし信じられないほど興味深いプロセスです。 通りにいる人にとっては、ある種の魔法のように感じるかもしれません。 確かに、目立たない金属の塊から複雑で絶妙なジュエリーを作ることは、驚くべきことではありません。

一方、ジュエリー作りは魔法ではありません。 代わりに、それは知識、経験、そして多くのスキルの融合です。 銀細工職人は、同時に大胆で優しく、強くて繊細で、創造的で正確でなければなりません。 これが本物のジュエリーの傑作を作る唯一の方法です。

ここBikerringshopでは、カタログを印象的な作品で埋め尽くす経験豊富で才能のある銀細工職人のチームを編成することに誇りを持っています。 彼らのおかげで、手作業で作られた多種多様なユニークなシルバーリングを提供することができます。 シルバーのインゴットをどうやってワルなバイカーリングに変えるのか疑問に思ったことはありませんか? もしそうなら、この投稿はスターリングシルバーの手作りリング製造の謎を明らかにする予定です。

古代の指輪の作り方

それに飛び込む前に、何千年も前の指輪と、私たちの先祖がどのようにそれらを作ったかについて、最初にいくつかの言葉を述べましょう。

それで、何世紀も前に、人々が宝石を作る方法を知らなかったとき、彼らはまだ自分自身を整えたいと思っていました。 歴史家は、最初の指輪は草の葉でできていたと信じています。 もちろん、これらのハンドアクセサリーは非常に壊れやすいので、古代の人々はより耐久性のあるオプションを探していました。 木や低木の柔軟な枝、骨、革、石–これらの素材は初期のジュエリー作りの基礎を形成しました。

人々が金属を発見し、鉱石からそれらを精錬する方法を学んだとき、すべてが変わりました。 それはジュエリーの職人技の繁栄に弾みをつけました。 古代の職人は、金属加工の複数の方法を開発することができました:

  • アーチ;
  • 鍛造;
  • 鋳造;
  • トリミング;
  • 研削;
  • 溶融;
  • 掘削。

これらの方法の多くはまだ使用されています。

貴金属からジュエリーを作るということになると、職人たちは本当に創造的でした。 金と銀はかなり高価なので、宝石商はそれらを薄く伸ばして最終製品の価格をより魅力的にしようとしました。 彼らは延性のある金属を加熱し、それらを薄いホイルのシートに広げました。 次に、このホイルを卑金属の上に貼り付けました。 箔押しされたリングは金色に見えましたが、実際にはそうではありませんでした。 ローマの歴史家プリニウスによると、古代の宝石商は30gの金を幅750本の指でXNUMX平方枚のホイルに伸ばすことができました。 今日、この方法は時間がかかるため、ほとんど使用できません。 それにもかかわらず、宝石商は依然として安価な貴金属または卑金属を豪華な貴金属で覆っていますが、彼らのお気に入りの方法は電気めっきです。

金メッキSターリングシルバークロスリング

フォイルに加えて、古代のジュエリークラフト技術は融合に頼っていました。 融合は、特に大きな面積を持つ表面を「金メッキ」する別の方法です。 アマルガムは金と水銀の混合物です。 アマルガムで銅の指輪を塗った後、両方とも熱いオーブンに送られました。 水銀が蒸発し、銅の表面に金が残りました。 ご存知のように、水銀は有毒であるため、明らかに、この方法は今日では廃止されています。  

ジュエリーを作るもう0.3つの人気のある方法は、特定の形に曲げたりねじったりした金と銀のワイヤーを作ることでした。 古代エジプトの職人は直径XNUMXmmのワイヤーを作ることができました-これは人間の髪の毛の太さです。

手作りvs機械製リング

言うまでもなく、アンティークジュエリーは手作業で作られました。 自動化された生産方法は、19年の産業革命まで存在しませんでしたth 世紀。 手作りの指輪は予想通り高価でした(そして今でもそうです)。 結局のところ、XNUMXつのコピーでジュエリーを作るには、非常に多くの時間、スキル、才能が必要です。 しかし、結果はすべての期待を上回りました。人々は、他のジュエリーとは一線を画すユニークなジュエリーの恩恵を受けることができました。

産業時代では、ジュエリーの大部分は機械的に製造されています。 一方では、それははるかに手頃な価格で大きなバッチを生産することを可能にします。 一方、それは独自性を犠牲にしてもたらされました–同じバッチからのリングは完全に同一に見えます。 そうは言っても、大量生産された指輪が魂のない機械だけの労働の成果であると考えるべきではありません。 機械で作られたジュエリーにも手作業の一部が費やされています。 少なくとも、それらは人間によって設計されています。

スターリングシルバーハンドメイド リング Bikerringshopによって

バイカリングショップでは、製造工程のあらゆる段階で人間の手を活用しています。 デザイナーはアイデアを思いつき、それを図面で完成させ、銀細工職人は金属でデザインを再現し、彫刻や宝石で装飾し、最後の仕上げを加えます。 はい、手工具ですべてを手作業で作るには時間がかかりますが、独自の個性を持った指輪を作ってほしいので、それだけの価値はあります。

スターリングシルバーの手作りリングが今日どのように生産されているか

今日、ジュエリーメーカーは、鋳造、絞り、圧延、スタンピングのXNUMXつの一般的なリング製造方法を利用しています。 最初の方法は機械生産と手動生産の両方で普及していますが、他の方法は宝石工場で展開されています。

以下では、構想から製造までのシルバーリングの製作プロセス全体について説明します。

ステージ1。ジュエリースケッチ

ファンタジーが現実になる前に、このファンタジーを想像する必要があります。 デザイナーがアイデアを思いついたら、スケッチやドローイングでそれを披露します。 この図面は、リング製造のマスタープランになります。

デザイナーは、未来の指輪をいくつかの角度から描き、それがどのように見えるかを示します。 一部のデザイナーは昔ながらの方法で作業します-彼らは鉛筆で彼らのビジョンを紙に移します。 ただし、最近のほとんどの宝石商はCADソフトウェアを使用しているため、スケッチがより速く、より正確になります。

設計段階では、アーティストのビジョンは具体的な形を取ります。 宝石商は次のことを思いつきます。

  • 装飾的な要素;
  • 石の象眼細工の数、種類、サイズ、および形状。
  • 設定のタイプおよびその他の機能要素。

ステージ2。マスターパターン

次のデザインファイナライズの段階は、マスターパターンの作成です。 これは、鋳造後にリングがどのように見えるかを示すタイプの型です。 マスターパターンに使用されるいくつかの材料があります:

  • ニッケル亜鉛合金またはその他の非貴金属合金。 リングは安価な素材でできており、ゴムを塗って焼き上げます。 次に、ゴムが切断され、リングの刻印が施された内部がワックスモデルの作成に使用されます。
  • リングが単一のコピーで製造されている場合、モデルは多くの場合、直接ワックスで作られています。 宝石商は文字通り、ワックスの塊から指輪のモデルを削り出します。
  • モデルを作成するもう3つの一般的な方法は、3D印刷です。 CADソフトウェアはXNUMXDに接続されており、ワックスでリングを再現します。 材料はレーザーで切断されます。 したがって、この方法の正確さは賞賛を超えています。

ワックスモデル

ステージ3。粘土成形

手作りの指輪を製造する上で最も重要な段階は、銀で鋳造することです。 原則として、時間がかかりすぎるため、リングをXNUMXつずつキャストすることはありません。 代わりに、いくつかのワックスモデルが太い棒に取り付けられています-宝石商は冗談めかしてそれを木と呼びます。 次に、この「木」を慎重に特殊な粘土に成形して焼きます。 このプロセスには、正確さと細部への注意が必要です。 銀細工職人は、粘土が固まり、ひび割れがなく、均一に乾くようにする必要があります。 さらに、すべてのワックスが溶けて注ぎ出される必要があります。 すべてが本来あるべき姿であるとき、宝石商は宝石鋳造のための中空の型を手に入れます。

ステージ4。キャスティング

あなたはおそらく銀の指輪が完全に銀でできているわけではないことを知っているでしょう。 しなやかな貴金属には、さまざまな合字(さまざまな組み合わせの非貴金属)が追加され、より硬く、より耐久性があります。 スターリングシルバー(これは当社の製品に使用できるものです)には92.5%の純銀が含まれ、7.5%は銅です。

溶湯を完全にブレンドして均質な合金を実現します。 合金の準備ができたら、粘土の型に注がれます。 一部のメーカーは既製のスターリングシルバーを使用しています。 彼らはそれを溶かして型を満たす必要があります。

銀の溶解

ステージ5。型から鳴り響く

合金が固化した後、銀細工職人は高圧ウォータージェットで粘土層を取り除きます。

ステージ6。オプション。 リングの組み立て

時々、リングはそれらがいくつかの部品から組み立てられる必要があるような派手なデザインを特徴とします。 鋳造後、これらの部品ははんだ付けまたはネジ止めされます。 この段階の後、アイテムはほぼ完成したように見えます。

シルバーの中世の鎧の指輪 XNUMXつの部分で構成されています

ステージ7。研磨

銀細工職人が型から指輪を取り出すとき、それらはかなり見苦しいように見えます。 これらの汚れた粗い部分は、まだ美しい白鳥にならない醜いアヒルの子です。 そして、それらの変形を完了するために、それらは研削と研磨を受ける必要があります。

  • 研削-初期の粗仕上げのプロセス。 欠陥を取り除き、リングの表面を均一にするのに役立ちます。
  • 研磨-リングの滑らかさと鏡の輝きを与える最後の仕上げ。

時々、研削と研磨はタンブリングと呼ばれるプロセスで組み合わされます。 リングは、ある種の研磨剤、通常は小さな鋼またはプラスチックの球体を備えた振動タンブラー(ドラム)に挿入されます。 金属と研磨剤は互いに擦れ合い、バリを取り除き、汚れを取り除きます。

洗練された 925スターリングシルバースカルリング

ステージ8。オプション。 装飾

多くの場合、指輪のシャンクにはさまざまな彫刻が見られます。 彫刻は、リングがすでに研磨されているがまだ研磨されていない場合に適用されます。 多くの場合、彫刻は黒化と酸化、つまり人工的で加速された変色のプロセスと組み合わされて、レリーフ(特にその沈んだ領域)をよりはっきりと強調します。

まず、技術者が銀、硫黄、鉛、銅を含むいわゆるシルバーブラックを準備します。 それから彼/彼女はそれを銀の指輪の表面に融合させます。 シルバーブラックは、深さ0.3 mm以上の空洞、溝、マークのへこみ、および彫刻を埋めます。 これらのくぼみは、彫刻、ガウジング、エンボス加工、またはエッチングで得られます。 特定の方法は、黒くなったデザインの外観に影響を与えます。

スターリングシルバーウェーブリング 黒く彫られたディテール付き

ジュエリーとブラックシルバーの間に結合を作成するには、両方を特別なオーブンで加熱する必要があります。 黒銀が溶けて沈んだ表面を埋めます。 次に、宝石職人が余分な部分を取り除き、隆起した部分を磨いて、驚くべき白黒のコントラストを強調します。 このようなリングは、保護層が追加されているため、美しいだけでなく、長持ちします。

ステージ9。オプション。 仕上げ

磨かれた銀が雄大に見えるという事実にもかかわらず、すべてのファッショニスタが磨くことが唯一の受け入れ可能なオプションであると考えるわけではありません。 マット仕上げまたはファンシー仕上げが好きな場合は、次の選択肢があります。

-ブラシ仕上げ-ワイヤーブラシで付けられた繊細な縦方向のマーク。

-サンドブラスト仕上げ-高圧下で微細な研磨剤を吹き飛ばすサンドブラストにより、粒子の粗い粗いテクスチャが可能になります。

-ハンマー仕上げ-宝石職人が特別なハンマーで浅いへこみを適用し、リングの表面を研磨またはサテン仕上げします。

ハンマーバンドリング
 

ステージ10。オプション。 ストーンズインレイ

リングに石の象眼細工があると思われる場合は、この段階で取り付けられます。

まず、宝石学者、つまり鉱物分野の専門家が適切な宝石を選択します。 これはかなり複雑なプロセスです。石は色、サイズ、透明度などが一致している必要があります。次に、鉱物を選択すると、宝石職人が設定の特別な穴に石を取り付けます。 この骨の折れる作業には、多くの注意と注意が必要です。 一方では、石は金属フレームに確実に取り付けられなければなりません。 一方、壊れやすい宝石は傷や欠けが生じる可能性があるため、慎重に扱う必要があります。

アメジストビショップリング

925のステップすべてが実行された後、リングは完全に製造されたと見なされます。 しかし、まだ準備が整っていません。 それはまだ特徴づけられる必要があります。 特徴は、どの銀合金が使用されたかを示すスタンプです。 私たちは925スターリングシルバーを使用しているため、当社の製品にはXNUMXの特徴があります。 その後、リングを注意深く調べて、小さな欠陥を見つけます。 そしてその時だけ、私たちはあなた、私たちの親愛なる友人にそれらを送ります。

前の投稿
新しい投稿
閉じる(esc)

サイト内検索

ショッピングカート

カートに何も入っていません。
今すぐ購入