すべてのアイテムの世界中への送料無料

シルバーメンズリングをロックする理由:過去から現在まで

指輪は、道具を手に持つことを学んだ日から男性に付き添っています。 時間の流れは彼らの外見、素材、そしてその意味にさえ影響を与えましたが、一つのことは変わっていません-男性はまだこれらの小さなアイテムなしでは彼らの人生を想像することはできません。 この投稿では、過去にスターナーセックスが指輪を着用した理由と、現在も指輪を着用し続けている理由を体系化していきます。

実用芸術

指輪はおそらく最も「自然な」タイプのジュエリーです。 子供たちを見るとはっきりとわかります。遊んでいるとき、子供たちは草の葉や糸を指に巻き付けるのが好きです。 場所、文化、時代を問わず、人々は自然に指に着けることができるアイテムに引き寄せられました。

他のジュエリーとは異なり、リングはとても使いやすく、外部の助けがなくても簡単に着脱できます。 あなたがブレスレットやネックレスをつけようとしたことがあるなら、あなたは救いの手が非常に必要であることを知っています。 指輪は常にはっきりと見え、特別なスタイルの服は必要ありません。 他の体の装飾品に関しては、常にそうであるとは限りません。たとえば、ネックレスを表示するには、急落したネックラインまたはボタンダウンシャツのいずれかが必要です。 その上、リングは、リング同士や他の装身具と簡単に組み合わせることができます。 必要に応じて、同じ指で同時に数枚を着用することもできます。

女性用シルバーリング

指輪を詮索好きな目から隠すことはほとんど不可能であるため(手袋で覆われていない限り)、指輪は一種の識別マークになりました。 刻印が施されたシグネットまたは宝石で覆われたリングは、個人の印鑑および手紙の確認手段として機能しました。

ご覧のとおり、リングは用途が広く、着用しやすく、機能的です。 機能性について言えば、それについて詳しくは、 リングに固有の役割と機能。 指飾りは色々な使い方ができるので、男女問わず普及しました。 あなたが貧しい人でも金持ちでも、庶民でも定規でも、指輪を身につけるのは自然なことです。

古代の指輪とその意味

男性と女性のどちらが早く指輪を着用し始めたかを判断することは不可能です。 考古学者は両方の埋葬でハンドジュエリーを見つけます。 裕福な故人は金と銀の指輪を持って他の世界に行きました。 十分なお金と力がなかった人々は、銅と真ちゅうの指輪を墓に持っていきました。 最も印象的なアンティークジュエリーコレクションの36つは、ファラオプスセンネスXNUMX世の埋葬で発見されました。古代エジプトの君主は、死者の王国にXNUMX個の指輪を持っていきました。 最も見事な作品は、青いラピスラズリ(古代エジプトで愛されている宝石)と赤いカーネリアンで飾られていました。

考古学的発掘により、古代の指輪がどのように見え、何歳であったかがより明確にわかります。 今日まで生き残った最も古い作品の6つは、13つの石から彫られました。 ヘレニズム時代、古代ギリシャ人は金属からかなり複雑な宝石を作ることを学びました。 彼らはすでに貴金属の価値を知っていたので、最も豪華な作品は金、銀、または両方の合金を特徴としていました。 そうは言っても、最も壮大で豪華に装飾された指輪は、帝国の全盛期にビザンチンで作られました。 XNUMX〜XNUMX世紀に製造された貴重なビザンチンの指輪は、世界中の美術館に誇りを持っています。

古代ビザンチンの指輪

中央アジアの国々は、古代ギリシャ人やエジプト人と同じくらい指輪を愛していました。 インド、ビルマ、スリランカで採掘されたルビー、サファイア、エメラルド、ダイヤモンドは、東部全域に分布していました。 彼らは、シャー、スルタン、ワズィール、そして高貴で裕福な人々が身につけるジュエリーに欠かせないものになりました。 イスラム教は意図的な富の表示を歓迎していないという事実にもかかわらず、イスラム教徒の男性は指輪を身に着けることを本当に楽しんでいました(そして今でもそうしています)。 富の表示に加えて、中世の東部(および東部だけでなく)の支配者は、しばしば彼らの英雄的な行為を称えるために、または彼らの忠実な奉仕に感謝するために被験者に指輪を与えました。

リングは中世の政治的陰謀に大きな役割を果たしました。 たとえば、偽造されたシグネットリングは重要な通信を偽造するために使用されました。 有毒物質を特徴とする秘密のコンパートメントリングは言うまでもありません。 彼らはボルジア家のお気に入りの武器でした。 昔、裕福な毒殺者は、美しくも致命的な危険なつまらないものを作り上げた信頼できる宝石商を持っていました。

トークンとして鳴る

数百年前、男性はお金の代わりに指輪を所有していました。 より正確には、リングは計算の普遍的な尺度になりました。 金は金(銀、銅、鉄など)の指輪の形をしており、その重さは特殊切手に明記されていました。 同時に、指は便利な財布の役割を果たしました。

特別なデザインの指輪は、宗教団体からフリーメーソンの友愛まで、さまざまなコミュニティに所属していることを示しています。 エジプトの司祭とミトラ教のミステリー(ミトラのカルト)の信者は明確な指輪を持っていました。 今日でも、最高の宗教ランクは、教会内での彼らの役割を示すために指輪を利用しています。 例は、カトリックの司教、枢機卿、および教皇が着用する牧歌的な指輪です。 確立された伝統によれば、教皇の指輪はダイヤモンドで覆われ、ルビーは枢機卿の指輪にセットされ、司教の指輪はアメジストをスポーツします。

現代の金メッキビショップリング

高位の僧侶の輪は、精神的な(そしてしばしば世俗的な)力の象徴でした。 大君主から家臣に渡された印章または紋章のある指輪は、宗主国に代わって権力または発言権を移転することを意味しました。 人口の大部分がほとんど完全に文盲であった社会では、これらのリングは一種の身分証明書と免許証になりました。

結婚の属性としての指輪

宗教や統治者の法廷での重要な役割にもかかわらず、リングの最も明白な機能は結婚の象徴です。 花婿から花嫁に移された指輪による婚約は、フッパーと呼ばれるユダヤ人の結婚式で始まります。 この儀式では、新郎はラビの祝福を受けた後、花嫁の指に指輪を置きます。 同時に、ラビはリングを調べて、それが金でできていて、穴、くぼみ、または象眼細工がないことを確認する必要があります。 彼が欠陥を見つけた場合、彼は結婚式を中止する権利があります。 フッパーでは、新郎は花嫁から指輪を受け取りません。

クリスチャンは結婚指輪に対してより寛大な要求を持っています。 さらに、結婚式を行うには、カップルにXNUMXつのリングが必要です。XNUMXつは新郎用、もうXNUMXつは花嫁用です。 結婚指輪はダイヤモンドと基本的にそこにあるどんな宝石でも飾ることができます-司祭はラビとは異なり、ファンタジーの飛行に反対するつもりはありません。 正教会の伝統によると、結婚指輪には短い祈りを刻む必要があります。 それほど宗教的でない人々は、リングの内側にイニシャルと結婚式の日付を刻む傾向があります。

現代の結婚指輪

婚約指輪(新郎が提案する作品)は、結婚指輪よりもはるかに遅れて人気を博しました。 より正確には、それらは19世紀の終わりに最初に登場しました。 ティファニー、グラフ、ハリーウィンストンなどの大手ジュエリーメーカーのマーケティング活動のおかげで、その発生と人気が高まっていることは周知の事実です。彼らの広告は、指輪なしではエンゲージメントが不可能であることを女の子に教えました。 宝石商がこのトリックをやめた後、彼らは販売された指輪の数をXNUMX倍にしました。 そして、私たちは新しいエンゲージメント関連の伝統を得ました。

お守りとしての指輪 

指輪は常に無限大の象徴でした。 人々はこのシンボルに特別な、ほとんど神聖な意味を与えました。 私たちの祖先のために、 シルバーリング 最高権力の無条件のシンボルとなり、強力なお守りとして機能しました。 今日でも、一部のアジア諸国では、女性は銀の指輪を付けずに料理を始めません。 どんなに奇妙に見えても、現代のメガロポリスではお守りの指輪を身につけるという伝統が復活し始めています。 幸運のお守りとしてトーテム動物を選ぶ人もいれば、聖人のアイコンや祈りが刻まれた指輪を選ぶ人もいます。

お守りリング

いつ人々がお守りとして指輪を身につけ始めるのかを正確に言うのは難しいですが、それはキリスト教の最初の世紀より遅くはありませんでした。 宝石商は古代ビザンチウムに戻って貴族のためにお守りの指輪を作りました。 原則として、これらの古代の作品は聖人の顔を特徴としていました。 聖人が若い配偶者の結婚と将来の子供たちを後援できるように、同じ指輪が結婚式の間に使用されました。 少し後、保護碑文が聖人の画像に取って代わりました。 人々は、これらの魔法の指輪が、道のあらゆる段階で待機している邪悪な力から彼らを守ると固く信じていました。 指輪がお守りから宝石や人の社会的地位を示すアイテムに変わったのは中世頃でした。

男性が今日シルバーリングを誇示する理由

男性には、過去に銀の指輪を着用する理由がたくさんありました(宗教的なものから政治的なものまで)が、今日でもそうしています。 しかし、なぜ? 推論は異なりますが、やはり多次元です。

何年も前と同じように、貴金属で作られたジュエリーは、富を示し、社会の最高層に属する方法です。 銀はそれほど高価ではないので、誰もがそれを買う余裕があると思うなら、あなたは正しいです。 そしてそれがすべての人にとって手頃な価格であるならば、それを身に着けることについて特別なことは何もありません。 しかし、ある作品の価値は、貴金属の種類や重さだけでなく、そのデザインによっても決まることを忘れてはなりません。 有名なジュエリーブランドによって作られた製品は、たとえ安価な素材を使用していても、名前のない宝石商によって鍛造された一流の金属よりも常に高価です。 つまり、カルティエのシルバーリングを着用し、ブランドレスのゴールドリングを着用しているとします。 どちらがあなたの繁栄について話しますか? もちろん前者。

シルバーゴールドメッキのアメジストリング

シルバーリングに固有の「豊かさ」の他の指標は、貴石の象眼細工です。 シルバーは用途の広い金属で、文字通りどんな宝石でも美しく見えます。 それでも、クリアまたはコールドカラーの宝石と組み合わせると、その可能性を最大限に発揮します。 そのため、シルバーのセッティングでは、クリアダイヤモンド、ブルートパーズまたはサファイア、グリーンエメラルド、パープルアメジストをよく目にします。 言うまでもなく、貴石は指輪のコストを劇的に増加させ、その価格とともに特権的な地位を獲得します。

多くの人が自慢するために指輪を身に着けているのは事実ですが、それだけが理由ではありません。 今日まで、特別な指輪は特定のコミュニティまたはグループに属していることを示しています。 たとえば、チャンピオンリングは、主要な競技会(アメリカンフットボールのスーパーボウルなど)に勝ったアスリートに授与されます。 カレッジリングは、大学の卒業を記念する方法です。 ただし、最も目立つのは、バイカーなどのコミュニティが着用する指輪です。 誰かが毎日チャンピオンやクラスの指輪を揺らしている可能性は低いですが、彼のオートバイクラブによってライダーに与えられた指輪はほとんど神聖であり、常に指にとどまっている必要があります。 普通の服を着ていても、バイカーはバイククラブの一部であり、リングはそれを宣言する方法です。

チャンピオンリング

最後に、指輪にはまだ感傷的な意味があります。 最愛のおじいちゃん、友人、または晩年のパラマーによって与えられた指輪は、あきらめたくないものです。 いいえ、私たちはこれらのものを記念品として保持しています。 彼らは私たちを幸せにし、私たちを私たちにした人々を思い出させます。 指輪を一目見れば、大切な思い出がよみがえり、胸元が暖かくなります。 これらのアイテムはそれほど見栄えが良くないかもしれません、彼らは多くの費用がかからないかもしれません、しかしそれらの感傷的な意味が貴重であるのでそれは問題ではありません。

だから、これらは男性が一般的に指輪、特に銀の指輪を誇示する理由についての私たちのランダムな考えです。 男らしさと大胆さを主張するスタイリッシュなリングが必要な場合、Bikerringshopにはたくさんのオプションがあります。 バイカー、ゴシック、トライバル、ロッカー、さらにはクラシックな男性用リングも幅広く取り揃えています。 だから私たちの在庫をチェックすることを躊躇しないでください。 特に私たちの製品の価格が非常に安い場合は、別のリングを手に入れることは決して害にはなりません。 

前の投稿
新しい投稿
閉じる(esc)

サイト内検索

ショッピングカート

カートに何も入っていません。
今すぐ購入